XIAOLONGBAO(小龍包)

美味しいものと、旅行が大好きなアラサー女子がたまに更新しています。

【再・新加坡之旅】その1

国庆节,中秋节という祝日が重なり8日間の大型連休があったので、

中国を飛び出して、3年ぶりにシンガポールに行って来た。

青島空港からチャンギ空港の直行便はFly ScootというLCCで片道6時間のフライト。

機内雑誌を読むと、日本は札幌から便が出ているよう。知らなかった。

 

着いてから食べた月餅。美味しいのだがとても甘いので少しだけ頂いた。

f:id:michelleying:20171017215119j:plain

 

手作りの中国家庭料理。とても美味しかった。

どの飯店で食べる中国料理より優しい味で、美味しいと感じた。

f:id:michelleying:20171018145851j:plain

 

少しだけ見えている饅頭も手作り。

ふかふかでありモチモチしていて、とても美味しかった。

f:id:michelleying:20171018145904j:plain

 

翌日は少し寝坊し、

Botanical Gardenとシンガポール主要の観光スポットを観光する事にした。

ダブルデッカーバスに乗るのが一つの楽しみでもあった。二階の最前列が一押しの席。

f:id:michelleying:20171018150010j:plain

 

シンガポールには至る所にこのような可愛らしい昔の建築が残っていて、

ぷらぷら歩くだけでも楽しい。

f:id:michelleying:20171018150029j:plain

 

Botanical Gardenには様々な植物がある。

花にあまり興味が無い人でも「この花は一体何だろう?」と興味が湧かずにはいられない。

こんな公園が無料(一部有料)で入れるのはかなりお得だと思う。

しょうもない公園で入場料を取る、中国の一部の公園は少し見習って欲しい。

f:id:michelleying:20171018151526j:plain

 

このNational Orchird Gardenだけは入場料が必要。

(大人は¥400程度/人・2017年10月現在)

f:id:michelleying:20171018151639j:plain

 

とても華やかだが花の匂いはしない。

f:id:michelleying:20171018151659j:plain

 

各国の大統領や王族などの著名人にちなんだユリを展示しているブース。

これはダイアナ王妃だった(はず)。

f:id:michelleying:20171018151732j:plain

 

f:id:michelleying:20171018151753j:plain

 

植物の原料で作られたキャンディ。美味しいし綺麗なのでお土産に買った。

f:id:michelleying:20171018151830j:plain

 

午後2時半ごろのお昼ご飯は肉骨茶(バクテー)というシンガポール名物。

元は福建省の中国人が作り出しだ料理だそう。

昼のピークは過ぎているかと思いきや、20分ほど待つ必要があった。

f:id:michelleying:20171018153108j:plain

 

お目当てのバクテー。

肉とスパイスが混ざり合って、何杯でも食べたくなるような滋味深い味だった。

f:id:michelleying:20171018153121j:plain

 

これは私が好きな鶏の脚と豆腐皮。甘目に味をつけてあり、美味しかった。

f:id:michelleying:20171018153139j:plain

 

お腹いっぱいになった後はオーソドックスな市街観光へ。

(お腹いっぱいだったがこの近くで北海道メロンソフトクリームを食べた)

f:id:michelleying:20171018153241j:plain

 

f:id:michelleying:20171018153351j:plain

 

サイエンスミュージアムに入り、TeamLABの展示を見た。

ずっと見たかったのだがまさかシンガポールで見れるとは思わなかった。

日本と違い、平日ということもあり空いている状態でゆっくり鑑賞できた。

f:id:michelleying:20171018153413j:plain

 

f:id:michelleying:20171018153453j:plain

 

f:id:michelleying:20171018153533j:plain

 

FabCafeもあった。その2に続く。

f:id:michelleying:20171018153548j:plain