《日曜日の余談》中国大学生カップル事情とコンドームについて

f:id:michelleying:20171119132711j:plain

 

ここ中国の大学内のカップルのイチャイチャ感はとてもホットだ。人目をはばかる事なく抱きしめあったりキスしたりしている。今は冬なので見かけないが夏〜秋は外のベンチでイチャイチャをよく見た。若くて情熱的でいいなと思う。知り合いの中国人学生に聞くと、大学入学後はそれまで遊んで来なかった分はじける人が大勢いるのだそう。日本でいう"大学デビュー"というやつか。学生の内に安全にたくさん楽しんでほしい。

大学周辺には安いチェーンホテルがたくさんある。学生が使うかは知らない。ちなみに学内の売店にはコンドームが売ってある。スーパーにも目立つ場所にあったりする。国内ブランドもあるしdurexのような海外ブランドもある。ここ中国でもオカモトの製品は人気らしい。特に薄いタイプ。サガミよりオカモトをよく見かける。価格は日本の約1.5倍はする。元中国人は私が中国に来る時お土産としてオカモトの0.03のコンドームを買って来るよう頼んだ。0.03だけでは味気ないので0.01と0.02も買ってあげた。苦労して買った山崎ウィスキーより喜んでいた。何軒もの酒屋を探してやっと手に入れた山崎ウィスキーより、Amazonで1クリック購入したコンドームの方が喜ばれるのは腑に落ちなかった。

日本人の友人とどこでコンドームを使うんだろうねという話になった。(中国の大学生は大抵6〜8人で学内の寮に住んでいる、もちろん同性同士で)ホテルで使うのだろうか。それともルームメイトが気を利かせて二人きりにするために外出するのだろうか。ただ寮の入り口には管理人が常駐しているため異性は簡単に入れないはず。謎が深まるばかりだ。今度学生に聞いてみたい。