XIAOLONGBAO(小龍包)

食べる事と旅行が大好きなアラサー日本人女子が山东省・烟台にて留学中→帰国。旅行や食べ物の記事多め。

【青州之旅】その2

青州之旅の旅行記2日目。1日目は下リンクから読めます。

haochichina.hatenablog.com

 

朝の始まりは市場から。各国のローカル市場に行く事はとても面白い。これは自家製豆腐を販売している。美味しそうだったが別のものを食べたかったので食べずにスルー。

f:id:michelleying:20171129233947j:plain

たくさんの鶏がケージの中に入れられていたので何も考えずに写真を撮っていると、元中国人が「この鶏たちは食用だよ」とさらっと教えてくれた。ケージの隣に卵が置いてあったので私はてっきり産卵用の鶏かと思っていた。鶏を選んで店の人にさばいてもらうらしい。

f:id:michelleying:20171129234007j:plain

美味しそうなトマトだが生で食べるとそんなに美味しくなかった。熱して料理すると美味しそうな味だった。中国料理のトマトと卵炒めとか。

f:id:michelleying:20171129234023j:plain

f:id:michelleying:20171129234046j:plain

屋台の焼き芋を食べた。今回は黄色だった。前回は割ると紫芋だったので少し警戒していたが安心した。

参照 : 《中国蔬菜》焼き芋を買った

f:id:michelleying:20171129234108j:plain

f:id:michelleying:20171129234126j:plain

f:id:michelleying:20171129234144j:plain

お目当てはこれ。生煎のような烧包子。

f:id:michelleying:20171129234228j:plain

f:id:michelleying:20171129234252j:plain

牛肉と豆腐のあん2種類を買った。豆腐のあんがあるのはハラルフードという事で置いているのだと思う。牛肉は塩っ気が強く豆腐は逆に味が無かった。足して2で割るとちょうど良さそうになりそう。大体の人は2種類買うから中和されてちょうど良いか、なんて考えだったりして。

f:id:michelleying:20171129234310j:plain

サトウキビをその場でプレスして作ったサトウキビジュース。美味しい。甘いが後に引かない甘さでごくごく飲める。

f:id:michelleying:20171129234328j:plain

元中国人は豆腐脑(dou4funao3)を食べていた。ここでは豆花ではなく豆腐脑と呼ぶ。中国人の間でこの豆腐脑は塩味が合うかデザートにして食べる方が美味しいかというトピックは永遠のテーマらしい。日本人で言うところてんに黒蜜をかけて食べるか酢をかけて食べるかと言うところだろうか。初めて塩味を食べたがこれはこれで美味しかった。

f:id:michelleying:20171129234340j:plain

遠出すると恒例の目的地になってきている。また山に登った。

f:id:michelleying:20171129234354j:plain

f:id:michelleying:20171129234408j:plain

像の頭が無いのは盗まれたから。青州博物馆にも行って見学下が、頭が一番価値があるようで重要な像はほぼ頭が無い。すぐにばちが当たりそうなのによく出来るなと思った。

f:id:michelleying:20171129234440j:plain

f:id:michelleying:20171129234454j:plain

青州の風景。小ぢんまりしている都市。

f:id:michelleying:20171129234553j:plain

夕食は帰る時間もあり16時半くらいに食べた。これはロバの肉。中国では肉の中でロバが一番美味しいとされているらしい。ニンニクをたっぷり入れた醤油で食べる。味は牛とも何とも表現しがたいが美味しい。脂が結構のっている。臭み抜きか塩っ気が強い。その他スープや野菜炒めなどを食べた。黒い揚げ物はロバのホルモン。どの部位かは忘れた。

f:id:michelleying:20171129234554j:plain

f:id:michelleying:20171129234603j:plain

f:id:michelleying:20171129234612j:plain

f:id:michelleying:20171129234617j:plain

f:id:michelleying:20171129234628j:plain

茶柱が立っていた。自分のカップに茶柱が立つのは人生で初めての事だった。この旅で一番嬉しかった。

f:id:michelleying:20171129234634j:plain