XIAOLONGBAO(小龍包)

美味しいものと、旅行が大好きなアラサー女子がたまに更新しています。

【以色列之旅】その3-パレスチナに行く-

イスラエル旅行記その3。その1,2は下リンクからどうぞ。

haochichina.hatenablog.com

 

 

パレスチナへバスで行く。200円ほどでダマスカスゲート付近から行ける。

f:id:michelleying:20180417082157j:plain

f:id:michelleying:20180417082213j:plain

 

なだらかな山が広がる。

f:id:michelleying:20180417082239j:plain

f:id:michelleying:20180417082241j:plain

 

パレスチナベツレヘムに到着。バスを降りたところから落書きされてガラスが割れた車があり、「大丈夫かな...」と不安になった。結局この不安は最後まで必要なかった。エルサレムと街並みは似ているが、うまく説明できないがどこかが違う。

f:id:michelleying:20180417082246j:plain

f:id:michelleying:20180417082325j:plain

f:id:michelleying:20180417082338j:plain

 

エルサレムでは見なかった、外資系のファーストフード店があった。

f:id:michelleying:20180417082356j:plain

f:id:michelleying:20180417082418j:plain

 

ここもキリスト教の中では有名な教会で、聖誕教会という。キリストが生まれたとされる地下の洞窟がある。

f:id:michelleying:20180417082457j:plain

 

ここがキリストが生まれたとされる場所。ここに辿り着くまで大混雑だった。

f:id:michelleying:20180417082515j:plain

f:id:michelleying:20180417082529j:plain

 

ランチは先ほどの教会の近くで適当なケバブ屋に入り、サンドイッチを注文した。

一つ450円くらい。値段はそこそこだが、ボリュームがありおいしかった。

f:id:michelleying:20180417082549j:plain

f:id:michelleying:20180417082559j:plain

 

私が知る限りでは、パレスチナにはBanksyが描いたグラフィティが3つある。これらのグラフィティを見るためにイスラエルに来たと言ってもいいくらい、楽しみにしていた。そのうちの一つがこれ。この男性の身長が約3m以上と、とても大きなものだったのでおどろいた。先ほどの教会附近から少し距離があるため、タクシーで来た。これはガソリンスタンドの壁に描かれている。

f:id:michelleying:20180417082609j:plain

 

これもBanksyの作品の一つ。これも大きかった。これは分離壁にある。他にもたくさんのグラフィティが分離壁に描かれている。

f:id:michelleying:20180417082627j:plain

f:id:michelleying:20180417082646j:plain

f:id:michelleying:20180417082722j:plain

 

これもBanksy。

f:id:michelleying:20180417082740j:plain

 

そして分離壁のすぐ隣にあるこのホテルはBanksyがオーナーのホテル:The Walled Off Hotel。Banksy Artist Roomという、部屋の至るところに彼の絵が描かれている部屋に泊まりたかったが満室だった。次回来た時に泊まりたい。いつ来るか分らないけど。

The Walled Off Hotel

f:id:michelleying:20180417082802j:plain

 

エルサレムに戻るためにはこのゲートを通らなければならない。イミグレのようにとても厳重というわけではない。もしかしたらパレスチナ人は手続きが違うのかもしれない。パレスチナの領土は年々減少していると聞いた。"天井のない監獄"という比喩があるが、確かにそうなのかもしれない。その4に続く。

f:id:michelleying:20180417082816j:plain

f:id:michelleying:20180417082836j:plain