好吃中国 -北京之旅- その6

北京旅行の6日目です。

その1〜5は下のリンクから飛べますので、ぜひ!

 

 

今日が実質観光できる最後の日。

1週間あれば十分かと思っていたが全然足りないくらい北京は広い。

空気の心配はあるがぜひまた来たい。

写真は街中を歩いている途中にあった川。

この日もPMで空が霞んでいるが、柳と合わさってきれい。

IMG_3998

 

 

観光地へ行く前に昼ごはん。広東料理の点心を食べた。

注文前は2人とも空腹だったので色んな料理を頼んだが、どれもボリューム満点で

残してしまった。残した料理はドギーバッグに入れて持ち帰ることができる。

アメリカへ行った時も思ったが日本もこの制度を導入してほしいとつくづく思う。

 

IMG_4004

 

 

IMG_4005

 

 

野菜は私のリクエスト。中国料理の野菜料理が特に好きで、

野菜単品だけで何でこんなにおいしいんだろうと思う。

調理方法に何か秘密があるのだろうか。写真は空芯菜の炒め物。

 

IMG_4006

 

最後の観光は雍和宫 yōng hé gōng という寺院。

1694年に建てられ、北京の中では保存状態が最も良いチベット仏教の寺院らしい。 

 

IMG_4016

 

 

寺院の中に入ると僧侶がいてお経を唱えていた。熱心にお祈りをする人が多かった。

 

IMG_4025

 

さらに進んで行くとこんな庭園もある。

よく中華料理店で見かける"福"の文字の原型が飾ってあった。

 

IMG_4063

 

タクシーで移動し、麺を食べる。

王老吉 wáng lǎo jí というハーブや体に良いものが入っているジュースがおいしかった。

スッキリした甘さで体調が悪い時などに飲む、中国の定番の飲み物らしい。

ここで同行人は仕事があるため戻る。この人がいたおかげで今回の旅をより楽しめた。

これで北京の旅行記は終わりです。読んでいただいてありがとうございます。

どこかへ旅行する度に書いていく予定です。

 

IMG_4109